帰りの道に着かれた日本武尊は、


西尾まで来ると、


今一度、うつつの方を振り返りゃーて


名残を惜しまれたそうじゃ。

 


ほのとき、


岩の上に馬のひずめのあとがくっきりと残り、


土地の人は、


「馬蹄石」とか「駒の爪」と呼んでおり、


「駒がえり」という地名も残っちょるはなも。

また、馬を東の方に向け、


尻尾が西を向いたので、


ここを西尾というようになったとも言われちょる。

 

昔は、このあたり一帯を篠城村といっちょったが、


篠城村の人たちが、日本武尊の胸中を察して、


馬を連ねて、


熱田のお宮までお送り申し上げたちゅうことじゃ。


これが篠木合宿の始まりじゃはなも。

 

日本武尊が野営されたところを「神屋」


と書いて「かぎや」 または、「かみや」


と呼ばれとるはなも。

日本武尊が通ったときに夜が明けたのが「明知」

 


手を洗われたところが「御手洗」といわれ、


その水は目の病に効くといわれちょったはなも。


食事の水を汲んだのが「柏井」などと、


今も土地の名前になっちょるところがあるはなも。

〒480-0304  春日井市西尾町491 妙見尊 付近

●駐車場なし